バストアップサプリと飲み合わせの悪い薬はありますか?

バストアップの飲み合わせに気をつける

バストアップサプリは、「サプリ」という呼び方をしていますが、ホルモン剤に似たはたらきを持っています。ですから、中には一緒に飲むのを控えなければいけない薬もあります。

ピルとの飲み合わせは危険

薬

ピルは、女性ホルモンを投与してコントロールすることにより、擬似的な妊娠状態を作り出して妊娠を避ける薬です。
れっきとしたホルモン剤なので、バストアップサプリとの併用は避けてください。

避妊目的にせよ、月経前症候群(PMS)対策にせよ、日本ではピルの処方は医師がひとりひとりのホルモンバランスを診ながら出している薬なので、それに影響を与えるバストアップサプリを合わせて飲むことは、ホルモンバランスを崩すことになりますので、とても危険なのです。
ピルを飲んでいるときは、バストアップサプリは控えるようにしてください。

風邪薬とバストアップサプリ

風邪薬

風邪薬とバストアップサプリの併用は、バッティングしたり効果を打ち消したりする作用はないので、それほど心配はいりません。

ですが海外のバストアップサプリでは、強めの作用のものや薬品が含まれているものもあり、注意が必要になります。

どんな成分が含まれているかを把握し、風邪薬を処方してもらうときには、医師に伝えるようにしましょう。
成分が不明だったり、医師にバストアップサプリを飲んでいることを知られたくなかったりする場合は、風邪薬の服用中はバストアップサプリはお休みしましょう。

市販の風邪薬にも気をつけてくださいね。

また、風邪薬が必要なほど、風邪によって体力が落ちているのであれば、普段はないアレルギーや不測の変化が出ることがありますので、バストアップサプリは飲まないでおいたほうが無難です。

バストアップサプリの過剰摂取

バストを早く確実に大きくしようと、バストアップサプリを多めに服用したり、種類の違うバストアップサプリを一緒に摂ったりすると、エストロゲンの過剰摂取につながりますので、絶対にやめましょう。

ホルモンバランスを崩し、体調が悪くなるどころか、乳がんや子宮がん、不妊症やうつなどの取り返しのつかない疾患を引き起こすこともあるのです。

また、バストアップサプリと合わせて、大豆イソフラボンが豊富な大豆製品を多めに摂ることも避けましょう。

何事も、過ぎたるは及ばざるが如し、なのですね。

効果のあるバストアップ